低コストでリーズナブル!気球(バルーン)にヘリウムガスを入れて浮かべれば写真撮影、空撮が可能に。簡易リモートセンシング機器としてサーモカメラ、近赤外線カメラや温度・線量・風速の測定にも対応します。

バリエーション

標準パッケージ
カンタン、手軽に空撮出来るエントリーモデル。乗用車に入るコンパクトさが最大の特長です。いつでも、どこでも、だれでも手軽に空撮地に出向き、気球(バルーン)を浮かべスピーディーに空撮写真が手に入ります。カメラの方向は地上から方向指示版で確認する事が出来ます。地上からラジコンでシャッタースイッチを切るだけの簡単操作です。
標準パッケージの部品紹介。

標準パッケージ 手順
仕様
機体サイズ 220cm×直径70cm
機体体積
(ヘリウム量)
約0.5立方メートル
 (約500リットル)
機体重量 約160g(係留糸を含む)
空撮可能高度 150mまで掲揚可
空撮可能標高 海抜500mまで掲揚可
 500mを超える場合は、気球を
 変更する場合があります(オプション)
ゴンドラ重量 約250g
電波方式 2.4GHz、2ch
係留糸 150m、強力31.5kg
風速 2m/秒 程度まで掲揚可
撮影範囲 200m×150m
(25mmレンズ高度150mから真下を撮影した場合)

標準パッケージ価格
※これは全て空撮機器のお値段です。空撮代行は行ってません。
※角度によって係留糸がうすく写る場合がございます。
※電池、SDカードは別途お買い求めください。
※ヘリウムガスは別途お買い求めください。充填量は機体体積とほぼ同じですが、充填時のロスなどを考慮し、余裕をもってご購入下さい。
※改良のため、予告なく仕様を変更する場合があります。
標準パッケージ
問合せボタン

主な部品と役割

COPYRIGHT © 2016 ひばりは見た.jp All Right Reserved